SAPPORO BI LABについてoverview
BI LABの基本事業
BIに関する研究・開発・人材育成 バイオ系人材とIT系人材のマッチング
BIコミュニティの創出 情報発信・普及啓発促進
バイオとITの新ビジネス創出プラットフォーム

札幌のバイオ分野における先端的学術研究の蓄積とIT産業集積という2つの強みを生かし、バイオ分野(B:bio)における課題をIT技術(I:IT)により解決する新しいビジネスの創出を推進することを目的として、札幌市ではこのたび、札幌市IoTイノベーション推進コンソーシアムのもとに「SAPPORO BI LAB(札幌BIラボ)」を設立。

「SAPPORO BI LAB」では、「BIO」と「IT」の融合領域をテーマに、皆さまと一緒に新たなビジネスを考える勉強会・講座などを行い、札幌から発信する「BI」の新たなビジネス創出を目指して取り組んでまいります。

 

 

SAPPORO BI LAB(札幌BIラボ)は
「札幌市IoTイノベーション推進コンソーシアム(札幌IoT推進ラボ)」の
専門部会として位置づけられています。

 

札幌市IoTイノベーション推進コンソーシアム 組織図

 

札幌市IoTイノベーション推進コンソーシアムとは

IoT、ビッグデータ、人工知能(AI)といった先端技術が急速な進歩を見せ、社会の幅広い分野での活用が始まっています。そして、札幌には、大学等における先進的研究成果の蓄積、全国でも有数のIT産業の集積という2つの強みがあります。そこで、時代の流れを捉え、札幌の強みを活かして、先端技術を活用した新たなビジネスを創出していくことを目指し、産学官連携による「札幌市IoTイノベーション推進コンソーシアム」を平成28年8月設立いたしました。

目的

北海道内大学の最先端かつ広範な研究開発と、サッポロバレーの意欲的なIT企業群という2つの札幌の強みを融合し、AIやビッグデータといった先端技術を活用したイノベーションの創出とエコシステムの構築を目指します。

概要

大学、研究機関における技術シードを地域企業とのコーディネートによって産学連携ビジネスへつなげるとともに、札幌市の先導的プロジェクトと地域企業のマッチングを促進するなど、特にAIやビッグデータといった領域における具体的な事業創出を支援する取り組みを推進します。

SAPPORO BI LAB 事務局

公益財団法人 北海道科学技術総合振興センター(略称:ノーステック財団)研究開発支援部

〒001-0021 札幌市北区北21条西12丁目コラボほっかいどう

  • TEL:011-708-6392
  • E-mail:kenkyu@noastec.jp